教育理念

 

教育理念

航空機、ロケット、宇宙往還機、人工衛星の開発から宇宙の利用へ―。

空と宇宙のフロンティアをめざす人類の挑戦は続きます。

航空宇宙工学分野では、航空宇宙の専門分野を深く極めると同時に,全地球的な視野から物事を総合的に考える能力,およびシステムデザイン能力を育成するとともに,自主的,継続的に学習し,可能性を切り開く能力,精神を涵養し,未来を担う人材の育成を目指します。

具体的には、渦や衝撃波を研究する流体力学、構造体の強度と軽量化を研究する構造工学、ジェットエンジンなどを研究する推進工学、自動制御や航法装置についての制御工学、真空や微小重力の利用を研究する宇宙環境利用工学、地球観測や衛星通信などを研究する宇宙情報通信工学、総合的な評価と設計のためのシステム工学などを教育研究の専門領域としています。そして、各分野の先端的技術課題の研究を通じて、航空機や宇宙航行体などを設計・製造・運用するための基礎理論と先端技術の教育を行い、創造的で柔軟性に富む技術者・研究者の養成を目指しています。

教育目的

上記の教育理念を達成するために,以下の教育目的を定める。

  1. 航空宇宙の専門分野を深く極めると同時に,航空宇宙工学分野の特質である物事を総合的に考える能力,およびシステムデザイン能力を育成する。
  2. 航空宇宙工学分野で活躍できる専門知識,能力を養うとともに,高い倫理観を持ち,幅広く工学全般に発展,寄与できる能力の育成を目指す。
  3. 自主的,継続的に学習し,自己を変革できる能力を育成するとともに,技術革新に挑戦し,可能性を切り開く能力,精神を養成する。
  4. 技術が社会や環境に及ぼす影響について理解し,技術者倫理や地球環境保全などを考慮して行動する能力を養成する。